• ホーム
  • 朝日焼の歴史(朝日焼の歴史と人)

朝日焼の歴史

写真:歴代当主の作品

写真:宇治の風景と初代陶作作品

朝日焼は、茶どころとして知られる京都府宇治市、平等院の宇治川をはさんで対岸にございます。

今から約400年前の慶長年間、この地に朝日焼初代陶作が窯を築きました。千利休が茶の湯を大成し、同じく茶人の小堀遠州が活躍した時代です。
小堀遠州は、当時お茶の産地として力をつけてきた宇治とも深く関わり、朝日焼も指導致しました。
初代陶作から三代陶作の頃の朝日焼は茶碗や水指など茶道の道具が、大名、公家、茶人に珍重されます。

その後文化の中心が、京都から江戸へと移っていくことで四代から七代の頃は非常に厳しい時代が続きますが、瓦を焼いたり、宇治川の渡し船の副業をして代を繋いでまいりました。

写真:朝日焼の系譜

八代長兵衛の頃になりますと、蛤御門の変で消失した瓦を焼いて御所に納めるなど公家の庭田家とのつながりから厳しい時代を抜け、煎茶の流行に合わせて現在の茶器の原形となる煎茶器を制作し始めました。その後、九代長兵衛の時代に隆盛を迎えますが、明治維新による混乱期が到来。

その後も、戦争中の焼き物どころではない時代など厳しい時代をくぐり抜けながら当代の十五世豊斎まで窯の火を守り続けてまいりました。

現在も朝日焼は、茶碗や水指などの茶道で使う茶道具と、急須、宝瓶、湯冷しなどの茶器を中心に制作しております。

写真:当代豊斎作

朝日焼の特徴の一つは、京都で土モノと呼ばれる陶器と石モノと呼ばれる磁器の両方を制作していることです。
土モノは、朝日焼が始まった400年前から制作しているもので素地が柔らかな表情で吸水性があり、熱伝導性が低いので熱くなりにくい性質を持っています。

一方、石モノは京都に磁器の技術が伝わった頃で煎茶が流行した江戸時代後期の八代長兵衛の頃より制作を始め、素地の印象は硬く非常に白いためお茶の色が見やすく、釉薬の発色も鮮やかになるのが特徴です。
この両方の素地を用いて制作する窯元は珍しいのですが、朝日焼が両方の素地を使うようになったのはお茶とともに歩んでいく中で、それぞれに持ち味のある特性を生かし時代の要請に応えて行ったためです。

朝日焼のもう一つの特徴は、ロクロへのこだわりです。元来絵付のほとんどない朝日焼では非常にロクロの技術を大事にしております。例えば宝瓶(持ち手のない急須)の制作の際には胴、蓋、注ぎ口の三つの部分をすべてロクロで制作します。ロクロ成形で生まれる微妙なカーブやロクロ目の表情、そして器としての一体感を重視しているからです。

このようにお茶とともに歩んでまいりました朝日焼の器は「おいしいお茶を愉しむ生活」を願う多くの方に愛され、宇治では三世代に渡って朝日焼の茶器でお茶を淹れているという話をお聞きすることも珍しくありません。
これからもより多くの「おいしいお茶を愉しむ生活」を願う方に「一生モノの茶器」として愛していただけるように、一つ一つ丁寧に制作を続けてまいります。

ページの先頭へ戻る