朝日焼の特徴

詳しく見る

持ち手のない「宝瓶(ほうひん)」
より上質なお茶をぬるめのお湯で淹れて味わう宇治茶の文化が染み付いています。
水切りのよい注ぎ口
急須の命である水切りを実現するため、口づくりに細心の注意を払っています。
宝瓶の茶漉し穴
1.5mmの穴が150個あることで、最後の一滴まで注ぐことができ、お茶の味を最大限に引き出します。

朝日焼の歴史

朝日焼の歴史
今から約400年前の慶長年間、この地に朝日焼初代陶作が窯を築き、その茶器づくりの精神と技術は、現在まで受け継がれ呼吸しています。
詳しく見る

朝日焼で働く人々

朝日焼で働く人々
茶器とお茶とその愉しさを愛し、日々丹念に器を作りつづける朝日焼の人たちを紹介します。
詳しく見る

朝日焼からのお知らせ

一覧

茶器とお茶への想い

朝日焼オフィシャルサイト

ページの先頭へ戻る